2013年06月23日

大事故に巻き込まれたよ。

みなさまおはこんばんちわ!( ´▽`)

keinohooです♪

やっと暖かい日も徐々に増えてきた仙台から、本日もお送りいたします!

昨日も朝から晴れて暖かい日でした。

奥様もお休みだったので、久しぶりにベガルタの練習を観に行きました。

昨日のベガルタは午前中が練習で、お昼過ぎには本日開催されるナビスコ杯準々決勝川崎戦に向かう為、チームバスで出発という予定でした。

土曜日の午前中だというのに、ずいぶんと道路が混んでいました。

いつもはこんなに車居ないのになんでだろーなー?とか言いながら、10時半ごろ練習場に到着。

いつものサポ仲間と一緒に練習を眺めていました。

2時間ほどして練習も終り、お腹が減っていたため一旦コンビニへ。

選手のお見送りが終ったら、すぐに昼ごはんを食べに行くだろうと思っていた為、おにぎり1個と飲み物のみ購入。

クラブハウス前に移動し、選手が出てくるのを待ってました。

13時半くらいになり、次々と選手がバスに乗り込み、オレの菅井も無事に乗り込みました♪w

ホントは話したいことあったのに、他のサポさんが写真やら撮ってたので後ろからチラリ見るだけで終了してしまったww

その後も、続々と選手が乗り込み、程なくしてバスが出発!

キッチリお見送りして、午前のお勤め終了しました♪

・・・と、ここまでは良かったのですが、実はクラハ前に移動したくらいから、どんどん吐き気が増してきてて、二日酔いかな、、、そんなに呑んでないんだけどな、、、的なことになってました。(-ω-;;

奥様には悪かったんですが、ちょっと一旦家に戻って休むことに。。。

どうやら熱中症だったみたいです。酒の影響も手伝ったのかも。。。

家に帰って水分を取りまくりながら、しばらく休憩。

だいぶ体調も回復したのは、16時ごろ。

食事をするために出掛けることになりました。


さて。運命の分かれ道はここからでした。

泉区にある広島風お好み焼き屋さん「おかめちゃん」に向かう為、車に乗り込み出発しました。

「ガソリン入れてから行かないとね」と言う奥様の言葉を受けて、家から近いENEOSに向かおうとしました。

すると、「あれ?なんでそっち行くの?」と。

「だってガソリン入れるんでしょ?」

「練習場に行く途中のスタンドがいいかなって思ってた。さっき見たとき安かったし。でもどっちでもいいよ。」

時計を見るとまだ16時半前。おかめちゃんが開くのは17時。

ちょっと遠回りだけど、時間的にも少し遠回りした方が、ちょうど良く到着しそうだった。

「じゃあそっち行くか。別に急がなくてもいいし。」

と、桜ヶ丘を抜け、宮城学院前の道をパークタウン方向へむけて走っていた。

やはりいつもより格段に交通量が多い。

「今日はなんでこんなに混んでるんだろうな。」などと話しながら、宮城学院前通過。

北環状線とぶつかる交差点の手前数100mくらいで、いつもより長い信号待ちの列で停車。

片道3車線ある道路のうち、右と真ん中は車の列で埋まっていて、うちの車は真ん中の列に居た。

左側の車線だけは、左折車が通るところなのでガラガラに空いていた。

ちょっと進んでは停車。

またちょっと進んでは停車。

それを数回繰り返したとき、左後方でものすごい音が鳴り響いた・・・!!

車を運転する誰もがすぐにそれと解る独特の金属音。

反射的にバックミラーで後ろを見た。

するとミラーに写っていたのは、左車線後方で1台の車とそれに乗り上げるように飛び上がるワゴン車・・・!!

「あーあ、やったなバカ・・・」と言ったか言わないかくらいで、ワゴン車にはじかれた車が真ん中の列に!!

その車の体当たりを受けた車がさらに前の車に激突!!

ベキャッ・・・!!

「ヤバイ!来る!」

グシャ・・・!!

「来る!来る!!」

しかし前も右も信号待ちの列!!

左は車を弾き飛ばしたワゴン車が猛スピードで抜けていく!!

逃げ道は無い!!


ゲヒャン・・・!!


「来ちゃった・・・。」
「マジなんなの!!最悪なんだけど・・・。」

結果的に車5台が絡んだ玉突き事故の先頭車両ということになりました。


すぐに車を路肩に寄せて、ものすごい衝突音がした愛車の後ろを確認。

すると、びっくりするくらいほぼ無傷。

ラシーンの後ろにはスペアタイヤが付いているのですが、それがクッションになり大破は免れたみたいです。

ただ、よくよく見ればバンパーが割れ、スペアタイヤのキャリアが押されボディ全体が凹んでいました。

それから周りの状況をようやく確認。

最初に吹っ飛ばされた軽自動車の運転手は、グッタリして動けない模様。

どの車かの運転手が、救急車と警察を呼んでいた。

しばらくして、救急車1台、消防車2台、警察車両数台が次々到着。

現場検証が始まった。


「ラシーンの運転者の方は??怪我とかはありませんか??大丈夫ですか?」

「ラシーンの運転者の方は??ラシーンが先頭車両ですか??」

「ラシーンの方ですか??あなたが同乗者ですか??」

「ラシーンの方はどちらの方ですか???」


「ちょww 聞くの誰か一人に絞ったほうがいいんじゃないですか?!ww」


あまりに何人も何人も同じことを聞いてくるので、ついつい言っちゃったんですけど、こんなもんじゃないほど聞かれまくってるんですよ。。。

大破した軽自動車の運転手は、救急車で搬送されていきました。

とにかく誰が原因なのか知りたい自分は、積極的に話を聞きに動きました。

警察の方に着いて回り、聴取しているすぐそばで皆さんの話を聞いていました。

警察の方からの聞き伝えだけでは納得できない場合があるので、最初から自分の耳でちゃんと聞いておこうと思ったからです。

皆さん思いの他、突然の出来事で何も解らないようでした。

しかし、うちの車は衝突まで結構なタイムラグがあったので、衝突の瞬間から自分の車に追突されるまで全てを見ていましたから、少しでも皆さんのお役に立てればと言う気持ちもありました。

ただ、衝突の原因だけは解りません。

特にミラーに写ったものすごい勢いで飛び上がったワゴン車の運転手の話は、聞き逃すわけにはいかないと思っていました。

すぐに、最初からその気持ちで動いていて本当に良かったと思うことになる。


「左車線は車が居なかったから普通に走ってたんですけど、突然赤い車が、、たぶんあの車(ラシーン)だと思うんですけど、、、ウインカー出して(左車線に)出てきたもんで(ブレーキが)間に合わなくて、、、」

K「なに言ってるんすか??信号待ちでビッタリ止まってて車線変更しようとなんてしてないですよ??」

「う、うん。ちょ、ちょっと待ってね。」

「あの車(ラシーン)がいきなり出てきたと思うんですよね。。。」

K「ちょっとさぁ。なんでそんなウソつくんすか??なんかごまかそうとしてるでしょ??」

「いや、、そういうつもりはないんだけど、、、赤い車だったと思うんだよなぁ、、、」

「いいですか?ちょっと破片を使って説明しますね。」

と、警察の方ワゴン車の方に事故の概要を説明し始めました。


その時、自走不能となった2台の車だけが道路に残されていました。

その様子がこんな感じです。

玉突き事故の事故現場。少し落ち着いたあと。

救急車も消防車も帰り、事故検証も終り、落ち着いた後の写真ですが、この2台は事故の瞬間のまま全く動いていません。

最初にワゴン車にはじかれた車は、奥にあるシルバーの軽自動車です。

手前の白い車がうちのラシーンに衝突した車です。


一番ぶっ壊れた軽自動車。この事故の原因車両らしいが運転者は病院へ搬送。

そしてこれが大破した軽自動車です。

運転者は救急搬送されました。


警察の方が落ちていた破片を使って、さらにこの事故当時のまま止まった車の向きなどを交えて説明した。

「でも、赤い車(ラシーン)が出てきて・・・」

K (今の説明でも認めないのか・・・なんなんだよ・・・)「じゃあ、100歩譲って、うちの車が車線変えようとしたとして、(あなたの車が)うちの車にぶつかってないのはおかしくないですか??」

「そうなんですよ。そもそもあのラシーンが出ようが出まいが関係ないんですよ。その前に軽自動車にぶつかってるんですから。」

「・・・・。」


結局、警察もやはりプロですから、ボクの心配は杞憂だったようです。

それぞれの車の破損状況を見れば、誰が何を言おうとほとんどのことは解るようです。

思えば当然ですよね。

落ち着いて状況把握しようとしていたつもりでも、結局動揺してたんでしょうね。。。



最終的に導き出された結論はこうです。

図で書くとこのような感じです。


最終的に判明した事故の概要はこんな感じ。


まず、事故に関係した車は、ワゴン車以外すべて中央の車線にいました。

きっかけは、軽自動車の運転者が後方を確認せず、急に車線を変えたこと。

そこに空いている左車線を直進してきたワゴン車が、避け切れずに衝突。

その勢いで弾き飛ばされた軽自動車は、すぐ前にいた黒の車両の左側をかすめ、さらにその前の白の車両左後方に追突。

追突された白い車が、うちのラシーンの後部に衝突。


と言う流れのようです。


軽自動車の運転者が不在のため、最終的な報告を聞いた後に念のため確認しました。

「例えば、軽自動車の運転者の方が車線変更していないと言い出したら、この状況が覆る可能性はあるんですか?」と。

すると警察の方は、「そんなことは言わせません。それぞれの車の損傷状況を見れば、どういう状況で当たったかは解りますから。」と断言してくださいました。


要するに、自分が一番知りたかった原因車両は、シルバーの軽自動車だったようです。

ワゴン車の方も被害者だったんですね。。。

「ラシーンが急に出てきた」なんて言うもんだから、こっちも熱くなってしまいました。。。

落ち着いてから思えばですけど、ワゴン車の運転手の人もひどく動揺してたんでしょうね。。。

軽自動車にぶつかった瞬間は何が起きたか解らず、ハッと気付いた時に横に居た解りやすい色(ワインレッド)のうちの車が目に入り、それが記憶に残って、軽自動車の色とうちの車の色がごっちゃになってしまったのかも知れませんね。

自分も動揺してたようなので、そこまでは頭が回りませんでした。


結局、全てが解決するまで2時間半掛かりました。

「玉突き事故だと、原因の車じゃなく後ろの車の保険を使うらしいよ。」と聞いたりしていたので、途中で、保険会社にも連絡して確認しました。

信号待ちでみんなが停車していた状態なら、最初の原因を作った車が全ての責任を負うそうです。

後ろの車だって被害者なんだから、その方の保険を使うなんてホントに心苦しいと思ってたし、その為に原因車両がどれなのかどうしても知りたかったんです。

とにかく、うちが先頭で良かった。。。

保険会社の方には、「100-0です」と言われたのでww

普通、10-0じゃないのか??www


まぁそんなこんなで、奥様と2人でお腹ぺこぺこ、死亡寸前。。。

やっと夕飯にありついたのは、20時過ぎでした。。。

しかも、精神的に疲れすぎて、帰宅後は2人とも軽く鬱状態みたいになっていて、グッタリ、、、

午前中はオレは菅井くんに会えて(見れてw)、奥さまは大好きな角田選手にプレゼントあげてキャッキャ言ってたのに、午後からのこの落差ね。。。w

ホントに貴重な体験でした。


夜になってから気付いたんだけど、昨日は満月だったんすね。

満月の日には、交通事故が異様に増えるというのは昔から言われています。

その流れに巻き込まれちゃったんですね。

みなさんも事故には気をつけてくださいね。

自分が気を付けていても、事故に巻き込まれることもあります。

最低限、自分が事故の起因者になるのだけは避けましょう。


それでは、今夜は久しぶりに父ちゃんと妹と呑みに行ってきます♪w

そんじゃ、ちょっと早いですがおやすみなさい♪

いい夢を♪
ノシ
 


posted by keinohoo at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。