2011年03月31日

宮城県出身者の宮城県産大豆による宮城県のお豆腐屋さんの為のお豆腐♪

昨日、東日本大震災以降久しぶりに、愛しの宮城県産白目豆でお豆腐を造らせて頂きました!!( ´▽`)

「宮城県産だから大豆が入って来なかったの??」

と言われると、それとは違うのですが、話すとまたkeinohoo特有的に話が長くなるので、それはさておき。w


今回のお豆腐は、これまで以上に気合を入れて造らせて頂きました!

と言いますのも、今回、師匠のご発案により、白目豆さんのお豆腐(絹、おぼろ)の売り上げの一部を義捐金にしようということになりました♪( ´▽`)


実は今回の東日本大震災で甚大な被害を受けた多数の地域のひとつ。

宮城県気仙沼。

ここに師匠の知り合いのお豆腐屋さんがいます。

そのお豆腐屋さんは、あの大津波警報を受け、着の身着のまま、すべてを投げ捨て一目散に高台へ非難されたそうです。。

そして命は助かったものの、お店は甚大な被害を受け、いつ営業再開出来るか解らない状態との事。。

少しでも、その気仙沼のお豆腐屋さんの手助けが出来ればと言うことで、こういった方法を取ることになりました。


これに関して、師匠からは「お店ではやるけど、曳き売りではやらなくても大丈夫だよ」と言って頂いておりました。

それは、keinohooのお給料が歩合給だから、師匠が気を使ってくださったのですね。。

でも、ご存知の通り宮城県仙台市生まれ、宮城県仙台市育ちのちゃきちゃきの仙台っ子であるkeinohooとしては、少しでも何か役に立ちたいと思っていたので、師匠にお願いして、曳き売りでお買い上げ頂いた分も義捐金に回せることになりました。


宮城県人が、宮城県産の大豆を使って気合を入れて造ったお豆腐が、宮城県のお豆腐屋さんの為に役に立つなんて、本当に嬉しいです!

宮城県にも岩手県にも福島県にも茨城県にも、被災したたくさんの方たちが居ますが、それは百も承知してますし、いつもTVを見ては涙が出る思いでいます。

でも何も出来ずに居るよりは。

やっと故郷の為になにか「今、自分に出来ること」を見つけられた気がします。

師匠、本当にありがとうございます!


これからも気合を込めて、白目豆さんを美味しいお豆腐にします!

がんばります!!


 


posted by keinohoo at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 修行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。