2011年06月06日

江戸時代の枝豆復活&豆腐の味復活プロジェクト

先月から。

厳密にはもっともっと、ずーーーーっと前から、師匠が温めてきた話。

とても嬉しそうに話してくれる「三河島在来の大豆」の話。


東京の在来種、三河島枝豆

「これを育てて、増やして、ゆくゆくは気合を入れてお豆腐にしよう!!」

それが、師匠が始めたプロジェクト。

自分もまだまだ大豆の知識なんてぺらっぺらですが、在来種ってのは、昔からあったその種に品種改良の手が加えられていない、まさに原種。

「甘みをもっと」「収量をもっと多く」そんな改良が加えられていない在来種。

合ってるかな・・・?

在来種・・・それだけで、オレなんかはドキドキしてしまう。

品種改良を加えずに・・・ってことは、それを一生懸命、時には世の流れに逆らってまでも大事に大事にその根幹を守り続けてきてくれた多くの先人たちが居たということ。

そしてさらに、三河島枝豆に関しては、その由来がとてもはっきりしている。

結構な可能性で、あの徳川家康も食したかも知れないのだ。

家康が感じたその味を、444年の時を越えて、味わうことが出来るなんて・・・♪

ロマンを感じませんか??

ドキドキしませんか??

オレなんか、ドキドキし過ぎて吐きそうになっちゃうほどです。
ww


その三河島在来は、すぐにはお豆腐には出来ません。。

お豆腐を造るためには、ある程度の量の大豆が必要だからです。

しばらくは、育てて⇒収穫して⇒また撒いて⇒また育てて⇒また収穫して⇒・・・ってのを繰り返して増やしていかなければならないんです。

今年は、そのプロジェクト元年です♪

東京都内千葉の鎌ヶ谷で、すでに栽培開始してます♪

我が気合豆腐の駐車場でも、プランター栽培を開始してます♪

もう芽が出て来たんですよ♪マジかわいい♪

WEB系の仕事をする前は、意外にもお花屋さんだったkeinohooは、もともと植物好きなんですよ♪

そんな育成の様子も見られる、ブログを師匠が立ち上げました♪

東京八王子千葉鎌ヶ谷、そして気合豆腐のある東京葛飾3箇所で同時に栽培されている三河島在来の育成具合が写真付きで見られます♪

みなさん、ぜひぜひ、このロマン溢れる企画を見守ってください♪

いつかみなさんにも、ぜひご賞味頂ける様、微力ながら自分も頑張ります!



それではみなさんおやすみなさい♪

今宵もいい夢を♪ノシ



【家康も食したかも?プロジェクト【江戸時代の江戸の枝豆を復活!!】1】
http://kiaitofu3108.blog89.fc2.com/blog-entry-120.html

【家康も食したかも?プロジェクト【江戸時代の江戸の豆腐の味を再現!!】2】
http://kiaitofu3108.blog89.fc2.com/blog-entry-121.html

【江戸時代の大豆  大江戸「三河島在来」栽培日記】
http://mikawashima-soy.seesaa.net/

 


posted by keinohoo at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。